MENU

排卵検査薬で子作り

 

疲れていると、子作りってなかなかうまくいかないですよね。

 

せっかく排卵検査薬で排卵日がわかっても、疲労がすごいと、子作りが出来ないで、そのまま寝てしまいます。

 

やっぱりそうなってしまうと、せっかく高いお金を出してアメリカ製の排卵検査薬を買っても、意味が無くなってしまいます。

 

アメリカ製の排卵検査薬は、国内の排卵検査薬に比べて、コスパは良いですが、やっぱり子作りの行為がないと、排卵検査薬の結果を生かすことができません。

 

排卵検査薬はあくまで道具!

 

肝心なのは、子作りの行為なので、疲れて寝てしまうと言う流れになってしまうと、これほど残念なことはありません。

 

眠いとか、疲れたと言っている相手に、無理やり子作りをさせるわけにはいきませんしね。

 

やはり眠いとか疲れたと言われてしまったら、それ以上の無理強いは出来ません。

 

子供は欲しいけど、子作りは体力がいるので、疲れた時には避けたいっていう人もいますからね。

 

男性も毎日疲れて帰ってくるわけですし。

 

やっぱりそんな時に、「今日は排卵日だから絶対にしよう」と強く言えないですよね。

 

現実的に、子作りが難しい時ってありますので。

 

せっかく排卵検査薬の陽性反応が出ても、やっぱり体力に余裕がある時じゃないと難しいのかなって思いました。

 

 

セックスレスだと排卵検査薬も意味がない!

 

地方の人って、東京に憧れを持っている人っていますよね。
ただ、やりたい仕事があるのであれば東京に出るのは正しいと思いますが、結婚相手のエリート探しで、東京に行くとかは微妙だなって思います。

 

私の友達で、東京に結婚相手を探すために、転職を考えている子がいますが、それだったら日帰りで、エリート役員を集めた婚活パーティー出るだけでも十分だと思います。

 

東京にいたって、民間エリートを捕まえるのであれば、自分がそのレベルに到達していることも必要です。

 

民間エリートと出会える場所に頻繁に顔を出したり、コネを作ったり。

 

『行動』しないと、出会えません。

 

やっぱり自分がそれだけエリートや有名人にお近づきできる職業についていないと、結局は婚活パーティーとかに頼らないとなかなか出会いがないです。

 

そんな条件だけで結婚しても、結婚生活や子作りは上手く行かないし。

 

愛があれば不妊などの問題にぶち当たっても、病院に通ったり、アメリカ製の排卵検査薬も使い一緒に妊活問題に取り組んだりすることもできますが。

 

あまりに愛情が離れてしまうとセックスレスになり、アメリカ製の排卵検査薬によるタイミング法も病院での不妊治療も効果が意味がなくなってしまいます。