排卵検査薬

MENU

妊娠の確率をアップさせる排卵検査薬の価格帯

 

子供を授かるためには排卵日を知る必要があります。

 

排卵していない状態で旦那さんといくら仲良ししても、妊娠にはつながらないからです。

 

それを知って、排卵日っていつなの?と思った時、多くの女性が基礎体温を付け始めます。

 

それだけでも、大概の方は排卵日を知る事が出来るでしょう。

 

でも、妊娠しやすい日をもっと確実にしたいのなら、排卵検査薬を併用することをおすすめします。

 

気になるのはやっぱりお値段でしょう。
排卵検査薬にはいくつか種類がありますが、その代表的なものの価格について紹介したいと思います。
チェックワンは、10本で¥3,500。
ドゥーテストは、12本で¥3,800。
クリアブルーは、7本と妊娠検査薬が1本ついて¥5,480。
ドクターズチョイスワンステップは、50本で¥4,300。
それぞれ買った本数で金額が変わったりと違いはありますが、ダントツに安いのはドクターズチョイスのワンステップです。

 

そんなに本数いらないんだけど…と思う人もいるでしょう。
でも、排卵というのは人それぞれ色々な差があり、実は簡単に判断できるものではありません。
排卵検査薬が1本で売っていないのも、ホルモンの値を検知する感度に強弱があり、排卵日周辺の1日を検査しただけではズレが生じてしまうこともあるので、1回の周期で2・3日間は検査することが出来るようにしているのです。
感度や使用法もメーカーによって違いがあります。
ご自分に合った物を選んで、あなたの排卵日をより確実なものにしてみてはいかがでしょうか。

 

 

妊娠対策におすすめのワンステップ排卵検査薬

 

 

子供を望む方、不妊治療に取り組んでいる方に重要となるのが排卵日を知ることです。
毎日の基礎体温チェックや生理周期などである程度は把握できますが、完全に排卵日を知ることは不可能です。
やはり専用の検査薬を使用するなどして排卵チェックを行うことが一番確実であるといえるでしょう。

 

妊娠対策におすすめのワンステップ排卵検査薬はどのような仕組みとなっているのでしょうか。
ワンステップ排卵検査薬では、LHサージの量を測定しています。
LHとは黄体形成ホルモンのことで、このLHサージが増加することにより排卵を促します。
そのためワンステップ排卵検査薬で上昇が確認できた時が妊娠に絶好のタイミングとなります。
正確さは99%以上で、1本ごとに乾燥材と共に包装されており衛生的かつ安全です。

 

ドクターズチョイスのワンステップ排卵検査薬はカナダ製。FDA(米国食品医薬局)に認定されているため安心して使用することができます。
従来の排卵検査薬は非常に効果で、1回あたり500円前後かかるのが一般的でした。
しかしワンステップ排卵検査薬なら1回たったの79円で検査することができます。

 

アメリカでも日本でも、使用者のレビューは高評価ばかり。
使い方も簡単でかつコスとパフォーマンスに優れている点が評価されているようです。
妊娠対策にぜひ一箱、手元に置いておきたいですね。

 

 

排卵検査薬から女性の周期的な変化を確認する

 

排卵検査薬というものは、尿や唾液に含まれる成分から排卵日を予測するものです。簡易的な検査ながら、しっかり情報を得ることができるのです。

 

最近は送料無料で低価格な排卵検査薬まで販売されています。通販での購入ができるようになったため、今まで調べたくてもなかなか薬剤師に相談できなかったものが、自宅で簡単に管理することができるのです。

 

大切なのは、いかにして体調管理を行いつつも、パートナーと共に子作りに励むことができるかが、勝敗の分岐的にもなるのです。臆することなく何度も性行為ができると理想ですが、年齢的にも毎日性行為を行うというのが難しい状況にあるはずです。

 

排卵検査薬を利用することによって、排卵の周期を把握することは理解できたはずです。検査キットは複数入っており、排卵の周期を知るには、広い範囲をリサーチしながら最高のスタイルを導き出すことができるのです。

 

排卵についての周期を把握するだけでも、妊娠しやすい傾向がわかります。無知なまま子作りをするのではなく、ある程度メリットの高い箇所をピックアップすることによって、子供を授かるというビッグイベントを手にするべきなのです。

 

女性としての喜びを感じることができるため、パートナーの男性が排卵検査薬を購入してプレゼントするということもあるようです。